活動報告

2017新人社員研修講座を開催

 去る4月5日(水)、仙台市シルバーセンターにおいて、今年も仙台北・中・南の仙台市内3法人会共催で「新人社員研修講座」を開催し、総勢92名の方々にご参加いただきました(うち北法人会は34名)。このセミナーは、会員企業等の新人育成の負担の軽減を図り、会社の将来を担う人材の育成を目的として毎年開催しております。
 講師には、企業研修からマナー講師なども務める第一印象研究所代表の杉浦永子先生をお招きし、新人社員だけでなく社会人に必要な基本的なビジネスマナーや心構え、コミュニケーションスキルに重点をおいた研修プログラムが行われました。
 毎年参加者より好評をいただいているこの新人社員研修講座。研修では、杉浦先生の経験を交えた丁寧な解説により、身だしなみやあいさつ、電話や接客応対、さらにはメンタル対策など、グループワークも交えながらさまざまなことを楽しく学ぶことが出来ました。
 受講者からは、「社会人の基礎や基本的なマナーの大切さを学べたことがとても良かった」「コミュニケーションが仕事に及ぼす影響などとてもためになった」などのご意見をいただきました。
 参加された受講者の皆様には、セミナーで学んだことを活かして、それぞれの職場、それぞれの実践の場で活躍していただくことを期待しております。
 ご参加いただいた皆さま、どうもありがとうございました。


掲載日:2017年4月26日


地域の社会福祉法人へ寄付

北東支部(大場勝彦支部長)では、2月16日に地域で110年の長きに渡り社会福祉事業に力を注いでいる「社会福祉法人仙台キリスト教育児院」を訪問し、支部の社会貢献事業として寄付金を贈りました。
当院は、児童養護施設、乳児院、保育所や特別養護老人ホームなど時代の要請に民間としてできる最大限の活動をされております。
当日は、大場支部長、松本信義、鈴木繁雄の両支部幹事が支部を代表して訪れ、院長から活動内容を伺うにつけ、個人としてもできる支援をしていかなければと思いを新たにしました。


掲載日:2017年3月15日


第9回税に関する絵はがきコンクール 選考会

第9回税に関する絵はがきコンクール 選考会を仙台市内で開催致しました。
子どもの豊かな発想と色使いに、出席した東北各県の県女連会長たちは終始感心させられていました。


掲載日:2017年3月13日


人財育成のための非言語コミュニケーションセミナー

去る2月8日(水)、新仙台ビルディングにおいて、仙台北・中法人会共催「人財育成のための非言語コミュニケーション」と題した研修セミナーを開催し、総勢24名の方々にご参加いただきました(うち北法人会は20名)。
講師には、(一社)コミュニケーション教育協会理事長で、FM仙台などでラジオパーソナリティーを務める黒澤俊実先生をお招きし、人間力を育てるコミュニケーション技法の秘訣を解説していただきました。
参加者が鏡を使って無意識の自分の顔や表情を確認したり、途中2人組になってのロールプレイなどをまじえながら、心を動かし人間関係を円滑に進めるためのコミュニケーションスキルを学びました。
参加者からは「日頃意識していない時の非言語の部分でマイナスを表現していることに気づかされたので、今後意識して改善していきたい」「9つの表現要素など言語を超えて伝わる非言語の重要性を学ぶことができました」「具体例が多くてとてもわかりやすかった」と感想をいただくなど、大変有意義なセミナーとなりました。


掲載日:2017年3月10日


仙台北優法会『雇用トラブル対策セミナー』

11月27日(金)仙台北優法会の「会員の集い」を開催しました。
講演会講師に、社会保険労務士法人「めぐみ事務所」の特定社会保険労務士 大江 広満 氏をお迎えし、『知らなかったでは済まされない雇用リスク』をテーマに、増え続ける労使関係トラブルについて企業の事例を紹介しながら解りやすく解説していただきました。(法人会会員を含めて30名が参加)
ブラックバイト、大学生による労働審判申し立てなど、時代とともに労働問題が変化していることや初期対応を誤ると多額な賠償に至る場合があること、各種ハラスメントの認定など、通常経験によっての対応では不十分であることを認識したセミナーとなりました。


掲載日:2015年12月18日


« 前のページへ 次のページへ »



PAGE TOP