活動報告

使用済み切手・未使用タオルの収集にご協力をお願いします!

女性部会(鈴木 征子部会長)が通年取り組んでいる社会貢献活動を紹介いたします。

使用済み切手を集めています。
使用済み切手は、コレクターに買い取っていただき換金します。換金したお金を、現在バングラデシュとパキスタンの2カ国への保健医療従事者の派遣、現地保健医療従事者への奨学金支援および現地NGOと協働した学校保健教育(バングラデシュ)によって、地域の人々の健康を守ることに貢献しています。
切手のまわりを5mm ~ 1cmはなして切り取って下さい。
活動団体:公益社団法人日本キリスト教海外医療協力会 (通称JOCS)

未使用タオルを集めています。
未使用タオル(手ぬぐい・おしぼりも可)は、生活環境の理由および経済的理由により、居宅に於いて生活を継続することが困難な方に、社会復帰の促進及び自立に向けた支援を行なっている仙台の福祉施設に寄贈しております。
この活動は、平成15年から始め、会員の皆様のご協力もあり累計で5,200本を寄贈し、施設より感謝の言葉をいただいております。
(石鹸などのアメニティグッズや洗濯洗剤なども喜ばれます)
寄贈先:社会福祉法人仙台市社会福祉事業協会 養護老人ホーム仙台長生園

掲載日:2018年3月6日


第10回 税に関する絵はがきコンクール 選考会

第10回 税に関する絵はがきコンクール 選考会を仙台市内で開催致しました。
子どもの豊かな発想と色使いに、出席した仙台北税務署の幹部をはじめ、当会役員及び女性部会メンバーたちは終始感心させられていました。


掲載日:2018年2月13日


よくわかる!経理の実務手ほどき講座《中級編》を開催しました。

 9月14日(木)、仙台市戦災復興記念館において「経理の実務手ほどき講座《中級編》」と題した経理セミナーを開催しました。仙台北・中・南の3会共催で行われた本セミナーには、当法人会から16名の皆様にご参加いただきました(3会合計72名)。
 講師には、プロモーターズ・カンパニー代表で中小企業診断士の資格もお持ちの石川アサ子先生をお招きし、企業会計に必要な簿記の知識と技能をわかりやすく教えていただきました。
 今回のセミナーは5月に開催された初級編に続く中級編ということで、日々経理業務を担当し第一線で活躍される経理担当者の方々が多く見受けられました。
 今回の中級編では、株式会社の決算書作成にかかる広範囲にわたる諸取引の高度な処理方法や、経営や日常の業務に生かせる決算書の見方、経営分析の方法など、幅広い内容を丁寧に手ほどきいただきました。
 その後、電卓片手に演習問題を解いていただき、本セミナーは終了となりましたが、参加者からは「中級編以降の次のステップにも進んでみたいです!」と前向きな感想が寄せられるなど、大変有意義なセミナーとなりました。


掲載日:2017年9月19日


よくわかる!Excelデータ分析入門を開催しました。

 9月6日(水)法人会事務局の入る新仙台ビルディングにおいて、仙台北・中法人会共催「よくわかる!Excelデータ分析入門」と題したパソコンセミナーを開催しました。参加者は16名、うち当会からは8名の会員の方々にご参加いただきました。
 講師には富士通エフ・オー・エム(株)のパソコンインストラクター坂本みづき先生をお招きし、Excelでのデータ分析の方法を基本から解説いただき、午前午後あわせた6時間にわたって学習しました。
 今回のセミナーでは、データ分析の基礎から始まり、データの抽出の仕方、抽出したデータを整理する方法、データの比較や読み解き方など、データ分析に必要な手順をExcelの操作方法とともに講義していただきました。
 参加者からは「内容が具体的ですぐに実践にいかしていけそうです」「初心者にもわかりやすい内容で、応用編・上級編などがあればまた参加したいです!」と言った感想が寄せられるなど、満足された方の多いパソコンセミナーとなりました。


掲載日:2017年9月19日


中央支部 手作り七夕飾りの出展で地域貢献

中央支部(佐々木新一支部長)では、例年地域貢献活動の一環として、管内にある「堤通り(宮城県庁北側から東北大学農学部手前までの約600m)」の七夕祭りへ協賛をしており、今年も2竿の手作り七夕飾りを出展しました。
今年は早い段階から、七夕飾りには欠かせない花飾りや折鶴の材料をご協力いただける支部会員の皆様に事前にお渡しし、会社などで作っていただき、7月11日(月)に開催した「七夕飾り製作会」の際に持ち寄って法人会の手作り七夕飾りを製作しました。
今年で4回目となる手作り七夕飾りの製作。今回も上杉中央商店会のベテラン七夕製作講師をお招きし、事前準備も加え約30名の皆様にご協力いただき、使い古しのポスターや包装紙、ダンボールなども使用したアイディアとセンスの詰まった“エコ”七夕飾りを製作することが出来ました。
仙台七夕の飾りには「七つ飾り」と呼ばれる「短冊」「折鶴」「着物」「巾着」「投網」「くずかご」「吹流し」の7種類の伝統的な飾りがあり、7種類それぞれに願いが込められています。この飾りもひとつひとつ丁寧に製作し、2竿の七夕飾りに彩りを添えました。
また、仙台七夕祭り前日の8月5日(土)、製作した法人会の七夕飾りの取り付けを行いました。長い竹を運び、余分な枝葉を取り除き、皆で作った飾りを取り付けて割り当てられた区画に設置しました。素朴で温かみのある昔ながらの七夕飾りが風に舞う様子がなんとも誇らしげでした。
作り手の高齢化等で七夕製作の担い手が減少する中、伝統文化の継承という意味でも、地域への社会貢献につながる活動が出来たのではないかと思っています。
七夕飾り製作等にご協力いただいた皆様、大変お疲れ様でした。


掲載日:2017年8月22日


次のページへ »



PAGE TOP